ライジングフィールド軽井沢

Adventure

重要なお知らせ
3月29日から3月31日までサイトリニューアルに伴う、更新作業を行います。
暫くの間閲覧できなくなることがありますのでご了承願います。
*

ライジング・フィールド軽井沢(RFK)では、国内初となる『キャンプ場×ロープスコース』を備えています。

ロープスコースとは、アメリカのオフィシャルなキャンプ場の64%に導入されている施設で、
人と人がお互いの関わり合い、共にひとつのミッションに取り組むこと(アドベンチャー)により、
自分自身のあり方や、人・組織との向合い方を見つめなおすことができる施設です。
従来のフィールドアスレチックコースとは本質的にまったく異なるものです。


当アドベンチャーは、RFKの最重要プログラムとして位置づけ、提供させて頂いております。

やってみる→感じる→考える→決める→やってみる・・・の直接体験学習機会が押し付けられた考え方や決め事ではなく、
自分自身で内発的に考え、「決め」をつくり、各々の確たる信念を創り上げていきます。

Yee Haw !

Family Adventure (ファミリーアドベンチャー)

  • *
  • *

家族で協力して、支え合い、助け合いながら、ひとつのミッションに挑戦します。
改めて確認できるお父さんのたくましさ。
意外なお母さんの力強さや、再確認できる包容力。
新たに発見できる子供たちの強みや豊かな創造性。
考え直す、子供たちとの向き合い方。
そして、強まる家族の絆!

ライジング・フィールド軽井沢の定番イベントとして、常時開催しています。


Kids Adventure (キッズアドベンチャー)

  • *
  • *

昨日までは、全く知らなかった子供たちどうしで、協力して、ミッションに挑戦!
自分たちで決めた目標に向けて、皆と相談しながら解決策を創造し達成する。
そのやり切った体験が、成長や、生きる力につながっていきます。

アドベンチャー終了後も、仲良くなった子供たちどうしで、一日中、森の中を駆け回り、帰り際には、お互いに別れたくなくて、泣き出してしまう子も…。


Extreme Adventure (エクストリームアドベンチャー)

  • *
  • *

頭上、8~10mの丸太を渡ったり、ワイヤーを渡ったり、バーをめがけて飛び出したりするアドベンチャーです。
ハーネス(安全ベルト)をつけて挑戦します。最年少では4歳のお子様が挑戦し、成功しています。


Corporate Adventure (コーポレートアドベンチャー)

  • *
  • *

企業向けに提供する、組織開発&人財開発のソリューション。
リーダーシップ開発や、チームビルディングを始め、戦略的思考、創造的思考、ロジカルシンキング等各企業の開催目的に応じ、柔軟な対応が可能。
各企業での研修講師経験を持つプロフェッショナル講師陣がお届けします。

Family Adventure

家族で一丸となって、ひとつのミッションに挑むアドベンチャーです。
新たに確認できるお父さんの頼もしさ、かっこよさ。
お母さんの包容力、意外な力強さ。
発見できる子供たちの新たなる一面!今まで見えなかった意外な強み!豊かな創造性!
そして、深まる家族の絆!
普段の生活の中ではなかなか考えるきっかけを持てない家族としての在り方
当アドベンチャーをひとつのきっかけにして頂ければと思います。

参加された皆さまの感想

  • 子供には、私の指示・命令ばかりで意見を全然きいてないことに気づいた(お母さん)
  • 普段あまり関われない中で、子供のいろんな姿を見ることでき本当に良かった(お父さん)
  • まだまだ子供だと思って、親からの目線で、自分の考え方を押し付けていたが、いつの間にかしっかりと自分の考え方を持っていることが見えたし、それがうれしかった(お父さん)
  • 子供が中高生くらいになると全員で一緒に何かすることがないので、とても幸せな時間になった(お母さん)
  • 親同士で解決策を考えてしまっていたが、子供たち同士で解決策を話し合う機会をつくったところ、大人たちでは考えもしなかったアイデアが出てきたのには、びっくりした。(お母さん)
  • お父さん、お母さんと一緒に遊べたことがとっても楽しかったし、うれしかった(小学生女子)
  • 自分の意見を言うことが、いかに大切かが分かった(小学生男子)
  • 怖かったけど、お父さんに言えない事が言えたのが、今年の夏の一番のアドベンチャーだった(小学生男子)
  • お父さん、家では、いつも疲れた顔しか見ていなかったけど、今日はかっこよかった(中学生女子)
  • 家族や周りの人とのコミュニケーションがとっても大切だと分かった(中学生女子)
  • 知らない子や知らないお父さんやお母さんといろいろ話せて楽しかった(小学生女子)
  • お母さんってすごいんだなぁ。と思った。(中学生男子) 等

Kids Adventure

昨日までは、全く知らなかった子供たちどうしで、協力して、ミッションに挑戦!自分たちで決めた目標に向けて、皆と相談しながら解決策を創造し達成する。
そのやり切った体験が、成長や、生きる力につながっていきます。

アドベンチャー終了後も、仲良くなった子供たちどうしで、一日中、森の中を駆け回り、帰り際には、お互いに別れたくなくて、泣き出してしまう子も…。

Extream Adventure

頭上、8~10mの丸太を渡ったり、ワイヤーを渡ったり、バーをめがけて飛び出したりするアドベンチャーです。ハーネス(安全ベルト)をつけて挑戦します。
丸太渡り(キャットウォーク)は、最年少で4歳のお子様が挑戦し、成功しています。

凄い!最年少記録!宮崎 三之朗くん、5歳 2015年8月10日

  • *
  • *

エキストリーム アドベンチャー Yee Haw!
ハイエレメントの丸太渡り(キャットウォーク)を完全に渡りきりました!
もちろん、お父さんもクリアーして、親子でダブル達成!!
2015年夏のアドベンチャー、自信につながる良い体験、思い出にして下さるとうれしいです。…
スタッフも、三之朗くんから、ガッツ溢れるエネルギー頂きました!

※写真は、ご両親に了承頂き掲載させて頂いております。


凄い!更に出ました最年少記録、4歳!! 2015年8月16日

  • *
  • *

しかも、2人も!!
エキストリームアドベンチャーYeeHaw!のキャットウォーク!

井上だいちくん(4歳)
上田たかやくん(4歳)
大人も足が震えてしまう程の約10m上空にある丸太を勇気を振り絞って渡りきりました!

※写真は、ご両親に了承頂き掲載させて頂いております。

Corporate Adventure

Adventure Field “Yee Haw !”を活用した直接体験型企業研修

通常の企業研修で登壇しているプロのコンサルタント陣が、御社向けの各種企業研修をカスタマイズでご提供します。

人材開発の現場で発生しがちな問題をクリアーにできます。

  1. ブレイクスルーの限界 →「非日常空間」でブレイクスルー!
  2. 頭での理解のみにとどまっている →「直接体験学習」心と体で学ぶ!
  3. 現場で使えない →「ビジネス現場直結型」現場で生かせるものを持ち帰る!

*

1.「非日常空間」

非日常空間だからこそ、フロー状態を創り出しやすく、成長と気づきに出会う確立が高い「ストレッチゾーン」に踏み込める環境を形作れます。


*

*

2.「直接体験学習」

知識学習のみで、押し付けられた考え方や、頭だけでの理解、もしくは理解したつもりになっている状態ではなく、直接的にやってみる。
だからこそ、内発的な学び・気づきを促し、自分自身の考え方を形作り、自分自身の「決め」を生み出すことができます。自分のものになるからこそ、職場に持ち帰り、即実践に活かせるものになるのです。


*

*

3.ビジネスシーン連動型

通常の企業研修の講師・コンサルタントとしての登壇経験が豊富なプロフェッショナル達が、行きついた直接体験学習。そのプロのコンサルタントたちが、組織開発・人材開発の本来目的である、「お客様の企業理念・ビジョン・中計における戦略目標を具現化するための『人材開発』」という視点で、投資対効果を最大化すべく、設計段階から、お手伝いをさせて頂きます。


*

*

*

開催費用・諸条件等

講座料 2万円/受講生お一人あたり (最低遂行人数10人以上)
※事前打合せ・プログラム開発料・入場料・講師料を含みます。
宿泊料 3千円/受講生お一人あたり :企業研修用 平日限定宿泊パック
※常設テントタタンカシリーズ活用(4名1室)・シャワー利用料込
※近隣ホテルの手配も可能です。
食事 ご要望に応じ手配可能です。
例)朝食¥1,000~、
昼食¥1,500~、
夕食(BBQ・懇親会・キャンプファイアー等)¥ご要望に応じ
その他 必要な備品レンタルあり(会議室・プロジェクター・スクリーン・ホワイトボード等)
交通手配、キャンププログラムとの併用での開催、軽井沢周辺施設観光等
ご要望に応じ、各種企画・手配が可能です。

某社のマネジメント&リーダーシップ研修のケース

ミッションの成功〜成功〜成功の連続の後に、自らがつくり、落ちてしまった落とし穴。
今までの各チームでは大切にしていたこと、出来ていたことが、チームが統合され、人数が38人に増えると、見失われ、出来なくなってしまう。
自ずとやってくる組織の崩壊。。。
改めて原点に立ち戻り、明確にすべき大切なことを明確にし、全員でコミュニケーション=イメージの共有をはかり、再チャレンジ。

すると、見違えた様に組織が機能し始める。
躍動感に溢れ、全員がひとつのことに集中し、ポジティブな声やお互いを認め合う声が飛び交い、思いやりと感謝に溢れた場となり、自然とハイパフォーマンスな組織に生まれ変わる。
そして、全員が一丸となって、手に入れた成功!
マネジメントやリーダシップの本質的に大切なことを頭で学ぶのではなく、自分自身で、やってみる〜感じる〜考える〜決める、サイクルをまわし、体と心で学ぶから自分のものになる。
直接体験学習型の企業研修。
コーポレートアドベンチャーYee Haw!