top of page

ティール意識を身体知化する、究極の変容キャンプ「BE WOLF CAMP」を、2022年9月3日〜2022年9月4日にヒューマンポテンシャルラボがライジングフィールド軽井沢にて開催!




 自然と共に暮らし、狩りをしながら生活していたネイティブアメリカンが、最も尊敬し師として崇めていたのがウルフ(狼)です。


 そんなウルフ(次世代のリーダー像)に扮して、森の中で”群れ”(チーム)に分かれて行動し、群れ同士の対戦や狩り(タスク遂行)をする体験を通じて生態系型リーダーシップを”身体知化”し、身につけるという、これまでにない全く新しいリーダーシップ開発プログラムが、このBE WOLF CAMP。







 29年間ネイティブアメリカンと共に暮らし家族の一員となって、その叡智を元に様々なプログラムを展開する、あのマザーアース・エデュケーション 松木 正氏の集大成とも云えるプログラムを、思考・感情・身体・精神・生活を根本から見直しアップデートする自己変容体験を提供するヒューマンポテンシャルラボが、4万坪の自然フィールドを展開するライジングフィールド軽井沢にて開催します。



マザーアース・エデュケーション 主宰 松木 正氏

ライジングフィールド軽井沢の常設テント"TATANKA"に宿泊

軽井沢の大自然の中で、生態系型リーダーシップを身体知化して身に付ける


 お申し込みをご希望、ご検討中の方は、今後の詳細のご案内のため、以下案内ページ内の「興味・参加ボタン」を押して、フォームからメールアドレスをご登録ください。


 情報は叡智ではない。叡智とは経験でしか得られない。


 軽井沢の地で野生に目覚めよう。





2022年9月3日(土)〜2022年9月4日(日) 「BE WOFL CAMP」




Komentáře


bottom of page